トンカットアリ 効能

 

トンカットアリって聞いたことありますか?

 

 

あまり聞きなれない言葉だと思います。私も精力剤のサプリメントについて調べ始めるまでは、聞いたことはありませんでした。

 

 

トンカットアリの効能について調べてみると、すごい植物であるというのがわかりました。

 

 

トンカットアリというのは、東南アジアの熱帯雨林のジャングルの中に生えているハーブの一種で、地元では滋養強壮や精力増進の薬として重宝されていたんだそうです。

 

 

日本では、精力増進の植物と言えば朝鮮人参が昔から有名だと思いますが、このトンカットアリは朝鮮人参の5倍の効果があるそうです。

 

 

その素晴らしい効能のため、トンカットアリは最近では日本の精力剤サプリメントでもよく使われるようになっているようです。

 

 

 

トンカットアリの効能は精力増強だけではない

 

確かにトンカットアリの精力増強効果というのはとても高いことがわかっていますが、実はトンカットアリの効能はそれだけではないようです。

 

 

ガンの予防

 

トンカットアリにはカッシノイドという成分が豊富に含まれており、このカッシノイドには抗がん作用や抗腫瘍性があり、がんの予防にも優れているそうです。

 

 

動脈硬化の予防

 

トンカットアリにはサポニンという成分も含まれています。このサポニンは体内の脂質やコレステロールの酸化を防いでくれるので、動脈硬化の予防にも効果を発揮してくれるそうです。

 

 

ホルモンバランスを整える

 

トンカットアリにはアルギニンという成分が含まれていますが、そのアルギニンはストレスなどで乱れたホルモンバランスを、正常な状態に戻してくれる働きをするそうです。

 

 

 

このように、トンカットアリの効能は素晴らしく、精力増強のためだけではなく、健康のためにも積極的に摂取したいものだと思います。

 

 

 

トップページへ